トップ  >  利用規約

ご利用規約

メルマガ購読者様ご利用規約メルマガ発行者様ご利用規約

メルマガ購読者様ご利用規約

本規約は、株式会社しんがり(以下「弊社」という)が運営するメールマガジン読者募集サイト メールマガジンズ(以下「当サービス」といい、第2条第1項に定義する)を利用する、メールマガジン購読者様(以下「購読希望者」という)に適用されるものである。

第1条(定義)

本規約において、以下の各号に規定する用語の意義を以下のように定める。

  1. 「メールマガジン」とは、メールマガジン発行者(以下「メルマガ発行者」という)が、無料または有料で定期または不定期に、何らかの情報提供をする目的として、あらかじめ受信を希望するものとして登録した購読者対して、メルマガ発行者が管理するサーバーを通じて一斉配信される電子メールをいう。
  2. 「オフィシャルメールマガジン」とは、弊社が編集または発行するメールマガジンで、弊社が管理するサーバーを通じて一斉配信される電子メールをいう。ただし、弊社が事務連絡や各種連絡のために配信する電子メールを除く。

第2条(当サービス内容)

  1. 当サービスは、弊社のシステムを通じて、メルマガ発行者と購読希望者をマッチングするサービスである。購読希望者は、メルマガ発行者が発行するメールマガジンの中から、購読を希望するメールマガジンに対して購読手続きを当サービスを通じて行うものである。
  2. 購読希望者は、メルマガ発行者が発行するメールマガジンのうち、継続して購読する意志があるメールマガジンに対して、当サービスで購読希望手続きを行うものとする。

第3条(個人情報保護)

購読希望者の個人情報は、弊社が別途定める「 個人情報保護ページ 」に従う。弊社は、購読希望者の個人情報を、メールマガジン配信及び弊社からの連絡の目的でのみ使用する。

第4条(メルマガ発行者のメールマガジンへの購読登録)

購読希望者は、弊社所定のウェブページから購読登録の手続きを行う。

第5条(弊社オフィシャルメールマガジンへの購読登録)

弊社は、弊社が発行するオフィシャルメールマガジンに購読希望者を、メルマガ発行者のメールマガジンへの購読登録と同時又は事後に購読登録することがある。

第6条(購読希望者による購読登録解除)

  1. 購読希望者がメルマガ発行者メールマガジン配信の停止を希望するときは、メルマガ発行者の所定の方法で購読登録の解除を行う。
  2. 購読希望者が弊社オフィシャルメールマガジン配信の停止を希望するときは、弊社所定のウェブページから購読登録の解除を行う。

第7条(知的財産権)

  1. 当サービスにかかる著作権、特許権(特許を受ける権利を含む)、ノウハウ、営業秘密およびその他一切の権利は弊社に帰属する。購読希望者は、本規約において明示的に規定する場合を除き、当サービスに関して何らの権利も取得しない。
  2. 購読希望者は、弊社、メルマガ発行者またはその他の第三者の著作権、商標権、肖像権、プライバシー権、パブリシティー権またはその他の権利を侵害しないことを保証する。

第8条(禁止行為)

購読希望者は、当サービスの利用にあたり、以下の各号に規定する行為またはそのおそれのある行為を行ってはならない。

  1. 法令または公序良俗に反する行為
  2. 当サービスの運営を妨害する行為
  3. 弊社に虚偽の情報を登録する行為(なりすまし登録を含む)
  4. 当サービスにおいて取得した情報を弊社が認める以外の目的に利用する行為
  5. コンピュータウィルスを埋め込む等の方法により、弊社、他のメルマガ発行者、購読希望者その他の第三者のソフトウェア、ハードウェア、通信機器等の適切な動作を妨害、破壊または制限する行為
  6. 当サービスを通じて提供されるプログラムを複製、改変、リバース・エンジニアリング、逆アセンブル、逆コンパイルする行為
  7. 弊社の発行したアカウントを他人に利用させる行為
  8. 法令または公序良俗に反する内容、その他弊社が不適当と認める内容を広告またはリンクサイトに掲載する行為
  9. 当サービス又はメルマガ発行者の情報を、営業活動その他営利を目的とした行為又はその準備行為に利用する行為
  10. その他、弊社が不適切と判断する一切の行為
  11. 購読希望者が前項各号の一に該当すると弊社が判断した場合には、弊社は購読希望者に通知することなく本契約の解除、当サービスの利用停止、損害賠償請求その他弊社が適当と認める処置をとることができる。

第9条(免責)

  1. 弊社は、メルマガ発行者が配信するメールマガジンの内容に関知せず、内容の適法性、非侵害性、信頼性、有用性、特定目的への適合性、掲載サイトの内容との適合性を含め、いかなる保証も行わない。
  2. 購読希望者がメルマガ発行者メールマガジンから得た情報を利用するときは、それによって生じた全ての結果の責任を購読希望者が負うものとする。
  3. 弊社は、購読希望者に通知することなく、いつでも当サービスを中断または停止することができるものとし、これによって購読希望者に生じた損害を補償する義務を負わない。
  4. 当サービスは現状有姿のまま提供されるものであり、弊社は当サービスにエラー、バグ、論理的誤り、不具合、中断その他の瑕疵がないこと、当サービスにコンピュータウィルス等の有害情報が含まれないこと、ならびに当サービスの正確性、信頼性、完全性、適法性、非侵害性、有効性、目的適合性等につき一切の保証をしない。
  5. 弊社は、購読希望者が本規約等に違反したことにより被った損害について一切責任を負わない。
  6. 前各項のほか、弊社は購読希望者が当サービスを利用したことまたは利用ができなかったことによって生じた損害について、一切責任を負わない。

第10条(損害賠償)

購読希望者は、なりすまし登録や、購読の意志がないのに購読希望登録するなど、当サービスの利用に関して弊社に損害を与えた場合には、その損害の全部(直接損害、間接損害を問わず、また弁護士費用も含む)について賠償しなければならない。

第11条(通知)

  1. 弊社から購読希望者に対する通知は、別段の定めのない限り弊社が適当と判断する方法で行われるものとし、購読希望者はこれに同意する。
  2. 弊社が購読希望者に対して前項の方法により通知をした場合には、当該通知が購読希望者に到達しなかったとしても通知の発信から24時間後に到達したものとみなし、当該不到達に起因して購読希望者に発生した損害について弊社は一切責任を負わない。

第12条(本規約等の改定)

弊社は、購読希望者に通知することなく本規約等を改定することができる。本規約等の改定は改定後の本規約等を弊社所定のウェブページに表示したときに効力を生じるものとし、本規約等の改定後に購読希望者が当サービスの利用を異議なく継続した場合は、購読希望者が本規約等の改定に同意したものとみなす。

第13条(準拠法等)

本規約等は日本法に従って解釈される。本契約に関して訴訟の必要が生じた場合は、訴額に応じて東京簡易裁判所または東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とする。

第14条(協議)

本規約等に定めのない事項または本規約等に関して疑義を生じた事項については、弊社と購読希望者が誠意をもって協議のうえ決定する。

以上
2014年4月1日 制定

メルマガ発行者様ご利用規約

本規約は、株式会社しんがり(以下「弊社」という)が運営するメールマガジン読者募集サイト メールマガジンズ(以下「当サービス」といい、第2条第1項に定義する)の利用に関して、メールマガジンを発行する者(以下、「メルマガ発行者」という)に適用されるものである。メルマガ発行者は、本規約とともに、弊社が規定する下位規約、ガイドライン、ルール等(以下本規約と合わせて「本規約等」といい、本規約等に基づき弊社とメルマガ発行者との間に発生する法律関係を「本契約」という)を遵守する。本規約に同意できない場合は、当サービスに登録または参加できない。

第2条(当サービス内容)

  1. 当サービスは、弊社のシステムを通じて、メルマガ発行者と購読希望者をマッチングするサービスである。購読希望者は、メルマガ発行者が発行するメールマガジンの中から、購読を希望するメールマガジンに対する購読手続きを当サービスを通じて行うものである。
  2. メルマガ発行者は、別途定める弊社との契約に基づき、当サービスを通じて購読希望者がメルマガ発行者のメールマガジンに購読登録が成立した際に、弊社に報酬を支払わなければならない。
  3. 弊社とメルマガ発行者は、登録された購読希望者の情報がなりすまし登録ではない、またはメールマガジンを継続して購読する意志がある、という判断を双方協議の上で決定するものとする。メルマガ発行者から弊社に対しては、メルマガ購読者に対する可否申請を行うことができる。ただし、メルマガ購読希望者に対するマッチング報酬を支払った後は、可否の変更はできない。

第3条(本契約の成立)

  1. メルマガ発行者は、弊社所定の手続に従い本規約に同意の上、弊社所定の情報を登録して当サービスの利用を申し込む。メルマガ発行者が当サービスの利用を申し込んだ場合、弊社はメルマガ発行者が本規約に同意したものとみなす。
  2. 弊社は、前項の申し込みを受けて、弊社所定の審査をし、合格した希望者には、当サービスの利用を承諾する旨通知し、メルマガ発行者のアカウントを発行する。弊社が承諾の意思表示を発した時点で本契約が成立するものとする。なお、弊社が審査の結果不合格の決定をしたことに対し、メルマガ発行者は異議を述べることができない。
  3. メルマガ発行者は、当サービスを通じてマッチングした購読希望者に対して、速やかにメールマガジン購読意志について審査を行い、メールマガジンを購読する意志があると判断した場合にメールマガジン配信の手続きを行わなければならない。
  4. メルマガ発行者がメールマガジンを発行するのは、当サービスを通じてではなく、メルマガ発行者が管理するサーバーを通じて行うものとする。
  5. メルマガ発行者は、本契約の成立後に第1項に基づいて弊社に登録した情報に変更があったときは、直ちに弊社所定の手続に従い、情報を更新しなければならない。

第4条(管理画面)

  1. 弊社は本契約の成立後、メルマガ発行者に対し弊社所定の方法で管理画面にアクセスするためのIDおよびパスワードを交付する。メルマガ発行者は、IDおよびパスワードを自己の責任において管理し、盗難または紛失がないよう適切な対策を講じる。
  2. 弊社は、管理画面へのアクセス時に送信されたIDおよびパスワードがいずれも弊社が発行したものであることを弊社所定の方法により確認した場合には、メルマガ発行者によるアクセスとみなすことができるものとし、盗用、不正使用またはその他の事由により登録者に生じた損害について一切責任を負わない。

第5条(不可抗力)

弊社は、弊社の管理が及ばない不可抗力(天災、当局の不作為、火災など)によって本契約条項の不履行が発生した場合、その責任を負わない。

第6条(メールマガジンについて)

  1. メルマガ発行者は、法令または公序良俗に反するメールマガジンの配信を行わない。
  2. 弊社は、メールマガジンの内容が弊社の基準に合致するか否かについて任意に調査することができるものとし、メルマガ発行者はこれに同意する。ただし、弊社はこれらを調査する義務を負うものではない。

第7条(知的財産権)

  1. 当サービスにかかる著作権、特許権(特許を受ける権利を含む)、ノウハウ、営業秘密およびその他一切の権利は弊社に帰属する。メルマガ発行者は、本規約において明示的に規定する場合を除き、当サービスに関して何らの権利も取得しない。
  2. メルマガ発行者は、メールマガジンが弊社、メルマガ発行者またはその他の第三者の著作権、商標権、肖像権、プライバシー権、パブリシティー権またはその他の権利を侵害しないことを保証する。
  3. メルマガ発行者は弊社に対し、当サービスに提供したメールマガジン情報(メールマガジンのバックナンバー記事含む)を無償で使用する永年の非独占的権利を許諾(弊社に対する再許諾を含む)する。この場合において、メルマガ発行者は弊社および弊社の指定する者に対して著作者人格権を行使しない。
  4. 弊社は、メルマガ発行者が配信するメールマガジンの各記事(バックナンバー)について、メルマガ発行者の著作権、商標権、肖像権、プライバシー権、パブリシティー権などの権利を保有することを保証する。

第8条(禁止行為)

メルマガ発行者は、当サービスの利用にあたり、以下の各号に規定する行為またはそのおそれのある行為を行ってはならない。

  1. 法令または公序良俗に反する行為
  2. 当サービスの運営を妨害する行為
  3. 弊社に虚偽の情報を登録する行為(なりすまし登録を含む)
  4. 当サービスにおいて取得した情報を弊社が認める以外の目的に利用する行為
  5. コンピュータウィルスを埋め込む等の方法により、弊社、他のメルマガ発行者、購読希望者その他の第三者のソフトウェア、ハードウェア、通信機器等の適切な動作を妨害、破壊または制限する行為
  6. 当サービスを通じて提供されるプログラムを複製、改変、リバース・エンジニアリング、逆アセンブル、逆コンパイルする行為
  7. 弊社の発行したアカウントを他人に利用させる行為
  8. 法令または公序良俗に反する内容、その他弊社が不適当と認める内容を広告またはリンクサイトに掲載する行為
  9. その他、弊社が不適切と判断する一切の行為
  10. メルマガ発行者が前項各号の一に該当すると弊社が判断した場合には、弊社はメルマガ発行者に通知することなく本契約の解除、当サービスの利用停止、損害賠償請求その他弊社が適当と認める処置をとることができる。この場合において、メルマガ発行者は未払いのマッチング報酬について当然に期限の利益を失い、直ちに弊社に対して支払わなければならない。

第9条(契約の終了)

  1. 本契約の有効期間は締結の日から1年間とする。ただし、期間満了の2週間前までに弊社、メルマガ発行者双方から解約の意思表示がない場合、本契約の効力はさらに1年間延長されるものとし、以後も同様とする。
  2. 前項の規定に関わらず、弊社は2週間前に弊社所定の方法でメルマガ発行者に通知することにより、いつでも本契約を将来に向かって解約することができる。
  3. 事由のいかんを問わず本契約が終了したときは、メルマガ発行者は未払いのマッチング報酬について当然に期限の利益を失い、直ちに弊社に対して支払わなければならない。

第10条(解除)

  1. 弊社は、メルマガ発行者が以下の各号の一に該当する場合には、メルマガ発行者に通知することなく本契約を解除し、またはメルマガ発行者による当サービスの利用を停止することができる。
    • 本規約等に違反した場合
    • メールマガジンの内容が弊社の定める基準に合致しない場合
    • メルマガ発行者が暴力団関係者その他反社会的団体に属しまたは密接な関係を有すると弊社が判断した場合
    • 当サービス上に登録されているメルマガ発行者宛のメールアドレスへの連絡ができない場合
    • 破産手続、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算開始もしくは特定調停手続の申立てをなしまたは申立てがなされたとき
    • その他任意整理の通知を発する等信用状態に重大な不安が生じたと弊社が判断した場合
    • 自己振出の手形または小切手が不渡りとなったとき
    • 公租公課の滞納処分を受けたとき
    • その他本契約の継続が困難であると弊社が判断した場合
  2. 前項の規定は、弊社のメルマガ発行者に対する損害賠償の請求を妨げない。

第11条(秘密保持)

メルマガ発行者は、本契約によって知得した弊社の営業上、技術上、その他業務に関する一切の情報を、本契約終了後においても、第三者に開示、提供または漏洩してはならず、また本契約の目的以外に使用してはならない。

第12条(免責)

  1. 弊社は、メルマガ発行者が配信するメールマガジンの内容に関知せず、内容の適法性、非侵害性、信頼性、有用性、特定目的への適合性、掲載サイトの内容との適合性を含め、いかなる保証も行わない。
  2. 弊社は、メルマガ発行者に通知することなく、いつでも当サービスを中断または停止することができるものとし、これによって購読希望者に生じた損害を補償する義務を負わない。
  3. 当サービスは現状有姿のまま提供されるものであり、弊社は当サービスにエラー、バグ、論理的誤り、不具合、中断その他の瑕疵がないこと、当サービスにコンピュータウィルス等の有害情報が含まれないこと、ならびに当サービスの正確性、信頼性、完全性、適法性、非侵害性、有効性、目的適合性等につき一切の保証をしない。
  4. 弊社は、メルマガ発行者が本規約等に違反したことにより被った損害について一切責任を負わない。
  5. 前各項のほか、弊社はメルマガ発行者が当サービスを利用したことまたは利用ができなかったことによって生じた損害について、一切責任を負わない。

第13条(損害賠償)

メルマガ発行者は、当サービスの利用に関して弊社に損害を与えた場合には、その損害の全部(直接損害、間接損害を問わず、また弁護士費用も含む)について賠償しなければならない。

第14条(通知)

  1. 弊社からメルマガ発行者対する通知は、別段の定めのない限り弊社が適当と判断する方法で行われるものとし、広告主はこれに同意する。
  2. 弊社がメルマガ発行者に対して前項の方法により通知をした場合には、当該通知がメルマガ発行者に到達しなかったとしても通知の発信から24時間後に到達したものとみなし、当該不到達に起因してメルマガ発行者に発生した損害について弊社は一切責任を負わない。

第15条(本規約等の改定)

弊社は、メルマガ発行者に通知することなく本規約等を改定することができる。本規約等の改定は改定後の本規約等を弊社所定のウェブページに表示したときに効力を生じるものとし、本規約等の改定後にメルマガ発行者が当サービスの利用を異議なく継続した場合は、メルマガ発行者が本規約等の改定に同意したものとみなす。

第16条(準拠法等)

本規約等は日本法に従って解釈される。本契約に関して訴訟の必要が生じた場合は、訴額に応じて東京簡易裁判所または東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とする。

第17条(協議)

本規約等に定めのない事項または本規約等に関して疑義を生じた事項については、弊社とメルマガ発行者が誠意をもって協議のうえ決定する。

以上
2014年4月1日 制定